超簡単に本を寄付する方法【チャリボン】

本

たくさんの本

皆さんのお家にこんな本はありませんか・・・・?

・本をもう読み終わって読んでない

・買って見たけれど、結局読んでないで本を置きっ放し

・使っていない本を寄付したいけれど、どこに持っていけばいいのかわからない

・部屋を綺麗にするために本を処分したいけれど、捨てるのは勿体無い

・本を売りたいけれど、自分で売りに行くのがめんどくさい

こんな経験ありますよね?

そんな時に大活躍するのはこちらです!

チャリボン

寄付

イケダハヤトさんというプロブロガーさんのブログを読んでチャリボンをいうのを知りました。

チャリボンってなに?

チャリボンとは、株式会社バリューブックスが運営する古本のリユースを活用して
NPO・NGOなどのファンドレイジング(寄付集め)をお手伝いするサイトです。
ご家庭や職場で読み終わった書籍、DVDなどをお送りいただくことにより様々な分野で
社会的な課題を解決しているNPO・NGOの活動の支援を行なえます。

チャリボンの公式ホームページより引用

「チャリボン」のしくみ

あなたお持ちのご寄付頂ける本をバリューブックスに送ります。 ↓※着払いで発送 ご寄付頂いた本を査定させて頂きます。 ↓NPO・NGOへ買取相当額を寄付 あなたが指定した団体に買取総額が寄付され、団体の活動に役立てて頂きます。 ※買い取れなかった本は「book gift project」でリユースします。

book giftとは、株式会社バリューブックスが行っている古本のリユース活動です。
「リユース」という言葉は聞きなれない言葉かもしれませんが、「一度使われた物をそのまま、またはその一部を、状態を変えずに再利用する。」という意味です。 よく使われているリサイクルが再生利用の意に対してリユースは再利用ということになります。 つまり、古紙リサイクルとして本を処分する前に、本としての状態のままどうにか活用しようというのが本のリユース活動です。

私たち株式会社バリューブックスは、インターネットでの古本の買取・販売を行っています。
日々、多くのお客様より様々なジャンルの本をたくさんお売りいただく中で、販売することができなかった本がたくさんあります。
私たちは、この販売できなかった本をただ処分するのではなく、有効に活用するためには何ができるか考えました。
そして出た答えが「本を必要としている人の元へ届けよう!」でした。
その第一歩として、本社のある東京都と買取センターを置いている長野県の広益な活動をされている様々な施設利用者のみなさんに本をお使いいただこうと活動しています。

東日本大震災で被災された方々に本を届ける活動も株式会社バリューブックスが行っている東日本大震災復興支援活動の「BOOKS FOR JAPAN」と連動して行っています。 日本に住むすべての人々が素晴らしい本と出合う事ができ、より良い人生を送ることを願い活動を行っていきます。

運営会社

会社名 株式会社バリューブックス
古物商免許 東京都公安委員会 第304410708387号
長野県公安委員会 第481100800018号
設立 2007年7月
資本金 9,000,000円
代表取締役 中村大樹
所在地 東京事務所:〒151-0051東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-8第五スカイビル408
電話番号 0120-826-295
メールアドレス info@value-books.jp

チャリボンの公式ホームページより引用

実際に私もチャリボンを使って見ました!

やり方はとっても簡単!

具合が悪くてほとんど出歩けなかった私にもできました!

6ステップで簡単にあなたも寄付できちゃう

1.まずダンボールを用意。(私はアマゾンで届いたダンボールを使いました。リサイクルです。)

2.その中に送りたい本を入れます。

⚠️送れる本は、ISBNというのがついた本のみです。

3.ガムテープか何かで蓋をします。(私は近くのホームセンターで買ったテープを使いました。)

4.支援先を決めます。

ちなみにわたしはイケハヤさんも応援しているビックイシューに寄付しました。

5.↓このフォームを埋める

https://www.charibon.jp/donation/action.cgi

6.本を送る。

⚠️本は5冊以上で配送無料です。

ね?すごく簡単でしょ。

電話で佐川さんや、クロネコヤマトさんに荷物を取りに来てもらう方法もあります。そうすれば、郵便局やコンビニに思い本を持って行く必要はなしです!

ぜひ皆さんも寄付したい本などありましたら、チャリボンを活用して見てはどうでしょうか?

チャリボンについて詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

https://www.charibon.jp/flow/

何かこんな記事が読みたいなどご意見がありましたら、こちらをご利用ください

「メールで送るのはちょっと・・・」

という方がいましたら、

匿名でもメッセージを受け付けていますので、こちらをご利用ください。

https://peing.net/ja/hikari_poppo?event=0&event=6

スポンサーリンク