友達に自分で作ったウェブサイトを見せたときのリアクションを見てほっこりしたお話

github私は今までパソコンでポスターなど何か作品を作っては放置、作っては放置、または途中まで作って放置の達人だった。

「完成したらポートフォリオに載せなければ!!!」

特に人に「何かできたら載せろ!」と言われたわけでもないのだけれど、

「しなければだめだ!」

「やらなければいけない!」

そういう気持ちがとにかく強かった。

その時はほとんど精神的に余裕がなかったから、自然とそう思ってしまったのかもしれない。



失うものはない、github

github

「ポートフォリオを作るのはめんどくさいが海外にいる友達含め、遠くに住んでいる友達にできた作品をとにかく見せたい。」

その思いで私はとりあえず動いてみた。

彼氏から

「githubで無料でサイト公開できるよ。」と聞いて、

「まあ無料ならいつでもやめればいいし、失うものはないからやってみるか。」
くらいの気持ちでgithubをはじめてみた。







遠くに住んでる友達に話の種で私のgithub共有してみた

友達

共有してみた結果、

「Pikachoのサイト?すごいね!!!」

みたいな反応が返ってきた!

ぶっちゃけ嘘でも嬉しい反応だった!!

自分のサイトが完成した瞬間よりも、人に見せてリアクションをもらう方が私にはとっても嬉しかった。

もちろん悪いリアクションじゃなくて、いいリアクションねw

これからはちゃんと完成したらおっぽり出さずにちゃんとgithubに載せます!

お楽しみに。



github↓フォローお待ちしてます〜

https://github.com/pikacho007

最近作ったサイト↓

linktr.ee/japan_pikacho

スポンサーリンク






シェアする

フォローする

スポンサーリンク