#39 これがないと生きていけないBlue Light Filterアプリ

39

私は過敏なので、サングラス、イヤホン、耳栓が普段の生活の中ではかかせません。

特にあまり体調が良くないなあと思っている日は注意!そういう日にサングラスや耳栓をつけないでお出掛けすると確実に次の日寝込むコースです。

 

それで考えた

MacBook Airも画面暗くできる!じゃぁスマホならもっと簡単にできるんじゃ?!!!

と言う感じの発想が起きて、スマホのPlay Storeで早速探してみました。

 

早速検索

ブルーライト系のアプリならあるだろうとそれで検索。
案の定たくさんでてきました。

 

 

私はとりあえず好評がついているアプリをダウンロードして、とにかく実際に使って動かしてみる派です。

そうやっていくうちにお気に入りのアプリが残る仕組みです。

最終的に残った優秀アプリさまはこちらです。どどん

 

恐らく私の言語設定が英語になっているので、全て説明が英語になっています。

すみません。私の勉強のためなので、お付き合いください。

 

 

私のアプリたち(一部)

 

アプリはここに入れました。

Duolingoちゃんと入ってますよ。

 

http://pikacho.jp/2017/11/08/post-519/

 

 

 

 

Blue light Filter

 

ブルーライト関連のアプリでかなり高い評価が出てますね。

海外でもお墨付きを得ていますね。

私も評価をつけるとしたら5です。

これがないとスマホいじれません。

 

 

http://pikacho.jp/2017/09/04/post-325/

 

プレイストアに載っている説明はこんな感じ。

 

英語がわからなくても、絵のイメージでなんとなく操作方法がわかるはず。

 

写真はPlay Storeから撮りました。

 

それにしてもロゴが可愛いですね。

 

http://pikacho.jp/2017/08/22/post-266/

 

試す価値大あり

アプリは無料です。

 

感覚過敏持ちの人はいつも「スクリーンが眩しい!!!」と感じていることが多いと思います。

そういう風に思っている方はこのアプリを使ってみる価値があります。

 

周りの人に「写真見せてー!」と言われ、「写真暗くて見えない・・」と言われようが使っています。

そういうことになったら、アプリの設定を一番明るいのに戻すと写真を綺麗に暗くならずに見えるのでご心配なく。

 

では皆さんがブルーライトカットのアプリを使って、日々の生活が少しでも楽になることを願っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください