電車にほとんど乗れない、理解されないパニック障害

私は高校1年生の時から、パニック障害で電車や、バスに乗ることが困難です。

今もまだパニック障害は直っていません。

  • パニック障害とは、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9A%9C%E5%AE%B3

リンクを張って見たので、もしパニック障害のことを知らない方はぜひ御覧下さい。

参照:wikipedia

私のパニック障害の症状は、

  • 息苦しい、息がしずらい
  • 動悸がする
  • 吐き気がする
  • 手が震える
  • 手が白くなる
  • 足に力が入りにくくなる
  • とにかく不安
  • 怠さ
  • 暑く感じる
  • 冷や汗
  • どこかに閉じ込められた感

*上にあげた症状は私が感じる症状であり、人それぞれ出る症状は異なります。

Youtubeでとてもわかりやすく、パニック障害のことを紹介しているのがあったので、リンクを張っておきます。

私は現在、平日昼間のガラガラ電車でも乗ることが出来ません。

以前は平日の昼間の空いているガラガラ電車なら乗ることはできました。

高校にも昼間からでしたが、電車を使い通うことはできていました。

しかし全日制高校は朝早くからなので、ラッシュの時間に電車に乗らなければもちろん通うことはできません。

そのため転校せざるをえませんでした。

もちろん何度も何度も何度も長い間乗っていられるように、努力しました。

ですが、どんなに頑張っても乗ることが出来ません。

いろんな人に言われました。

「頑張れば乗れるよ!」

「ただ乗るだけじゃん。」

「たまたま乗ったとき具合悪かったから、乗れるんじゃない?」

「また挑戦すれば、次は絶対乗れるよ!」

などなどなど・・・・

励ましてくれる気持ちや、声をかけてくれるのはとてもありがたいんですが、

頑張ってどうこうなる問題ではないです。

頑張っても頑張っても、できないものはできません。

症状がもうたくさん出ていても、今回はたまたま運悪く症状が出て乗れなかったんだ。

じゃあもっと次は工夫したら乗れるかもしれない!!と思い、本当にいろいろなことを試しました。

私がパニック障害人生で試して見たこと6つ

  1. 少しでも空いている車両に行って乗ってみる
  2. ずっと窓の外を見て、電車の中に座ってる人や立ってる人を視界に入らないようにする
  3. 入り口から離れないように、入り口付近で立って乗る
  4. マスクをかけて乗る
  5. サングラスをかけて乗る
  6. 車両と車両の間は空気の流れがどこの場所よりいいから、車両と車両の間付近にいる
  7. 香水、フレグランス、アロマを付けて乗ってみる

*もちろん人の邪魔にならないように、すべて私が試したことです。

もう自分で思いつくことはやりつくしました。それでも乗れないんです!!!!

ただ電車に乗れるように、こんなにいろいろなことを試して、乗るのが嫌な電車に乗れるように何度も挑戦したんですよ。

実際、パニック障害と病名もついているのに、努力が足りないからだと何度!!!言われたことか・・・・・

乗れないものは乗れません。

朝夕の電車のラッシュで通勤、通学されていて電車に乗ったり、バスに乗ったりしても平気な方は、理解するのが難しいかもしれません。

少しでも今日の記事を読んで、理解が深まってくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




コメント

  1. […] 電車にほとんど乗れない、理解されないパニック障害  私は高校1年生の時から、パニック障害で電車や、バスに乗ることが困難です。 今もまだパニック障害は…pikacho.jp […]

    • Pikacho より:

      こんにちは。そうなんですね。電車、バスに乗れないととにかく不便ですよね。私もバスも得意ではないので良く分かります。